技術の進化を振り返って将来を予測する経済

技術の進化を振り返って将来を予測する

人類の毎日は猛スパートで変わりつつ、我々にとって情報学、ビッグデータ、仮想通貨や拡張現実の進歩についていくのが決して簡単ではない。2019年に発生した新型コロナウイルスがもたらしたパンデミックの結果、数多くの国でロックダウン(外出禁止令)が講じられている。このような状況は言うまでもなく前例のない影響をもたらし、今後の経済の進化を予測できるといえる人がいないだろう。予測は難しいかもしれないが、過去の365日間に起きた技術的な変化をまとめることは出来る。

省力化、高品質を実現するスマート農業(農業×IT技術)経済

省力化、高品質を実現するスマート農業(農業×IT技術)

近年、農業の現場では、担い手の高齢化が供促に進み、労働人口の減少が深刻な問題となっている。農業においては省力・軽労化の積極的な推進と、新規就労者への栽培技術力の継承等が重要な課題となっている。一方で、ドローン、ロボット技術や人工衛星を活用したリモートセンシング技術、クラウドシステムをはじめとしたICTの活用が進展しており、農業分野への適用が期待されている。ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現する新たな技術(スマート農業)を実現するため、スマート農業の目標と現状及び課題について記述する。