資金が非常に大切な時期にキャッシュ・フローの操舵輪を握ろう


日付: 2020-05-22 閲覧数: 599



世界中切迫する金融危機に向かって奮闘し続ける企業が様々な措置を講じる。その中は休業、働き方の革命と共に政府の支援を求める。従業員を守り、リスク対応と長期の準備を進めて優先順位を再設定する事業主がたくさんいる。


世界経済の趨勢に対応し、運営方針を変えようとする事業主が圧迫感に圧倒されている。数ヶ月前に、2020年の前進について楽観的な見通しだったが、イギリスの場合、未払金の総額の平均は一社につき3万5000ポンド(約450万円)だったという。打撃を受けた収入と不確定性の影響のため、社員の管理、配当と費用の支払いを滞りなく行うためにキャッシュ・フローを慎重に見直す必要がある。


不確定性の深刻化の中でも”資金は王者だ”と言える。組織の最適化を行い、この”王者”を守るためには財務部は2つのポイントに重点を置くべきだ:透明性とコントロール。これはどういうことかというと、素早く賢明かつ自信を持った意思決定を行うために事業の経済的な状態を把握するのは、非常に大事、ということだ。


経済的な状態について以下に詳しく説明する。


財務部に徹底的な洞察力を


資金へのアクセスが非常に重要なことであり、当たり前の話だが、資金が不足すると多くの企業が倒産してしまう。したがって、積極的に推測に基づいた意思決定を行う前には、資金状態への洞察が必要不可欠だ。


債務と短期的負担を確定


キャッシュフローに需要の減少やサプライチェーンの毀損がすぐに影響を及ぼす。なので、債務部は在庫の残高、未払金と債権の残高を確認し、特定の期間(一週間、一ヶ月間など)で運営を確保するために必要な資金を算出しなければならない。


債権回収のリスクを評価


経済的な試算には回収できる可能性の高い項目とその可能性の低い項目も含まなければならない。緊急事態が及ぼす影響もあるし、打撃を受けたキャッシュフローが原因となり、売掛金回転期間が長くなってしまうと期待しても良い。


重要業績評価指標を定期的に評価


経済的な不確定性に対応するにあたって、重要業績評価指標を監視することは大事な過程だ。月次・週次データはキャッシュフロー不足を明らかにしえないのは事実だ。したがって、財務部長たちは効率面の問題を重要業績評価指標によって分析するべきだ。


データを使ってさまざまな展開を見通す


前述した要素を明らかにした後に、財務部は発生可能性の高い展開の机上シミュレーションを行い、収益、損失、キャッシュフローとバランスシートへの経済的な影響を定期的に評価することを勧める。閑古鳥が鳴く時期であっても、好機をお見逃しなく!

組織内のコミュニケーションを確保


緊急時にあたり、持続的に洞察できるためには、応対チームでも財務部を成形し、出資者とのコミュニケーションを円滑に行うことも重要だ。社員全員の成長を促すためにも、経済的な情報と予測に基づいた意思決定と最終段階での決定が不可欠な核心要素と見られる。


無秩序をコントロール:操舵輪をつかむために財務部の助力が必要


計画とコントロールが並行し、財務部が経済的な状態を把握でき、発生可能性の高い展開を評価できるようになるとキャッシュフローの操舵輪を掴み、順風満帆の方向に向かって行こう。


計画期間の短縮を考慮


多くの企業が12ヶ月間ごとの予算を有し、長期の計画を立てるのが一般的だが、不確定性の激しい現在において短期的な計画を立てた方がいいかもしれない。例えば、30日間、45日間先に計画を立てると、突然起こる変化に即時に対応(コスト削減、流動性の管理など)できるようになるのではないか。


顧客と仕入先との納期を確認


緊急事態の影響を感じない業者がほとんどいなく、仕入れ先、経営者、地主、税務職員であっても、協力してくれると思う。国家の経済安定性を長く信じていたはずだし、支払いを延期してもらう時も、納期遅延の申請を出す時も怒られないだろう。

必要ではない時でも予算を分析し、収入源を評価


在宅勤務の世界ではコスト削減の余地がきっとある。このような状況で、出費を抑えるともっと健康なキャッシュフローをつくれるし、それによって赤字から黒字に切り替えることもできるかもしれない。


出張を控え、旅費を減らそうとする経営者も少なくない。派遣社の解雇を考慮しても良いが、事業のコアな担当者の解雇に付随するリスクにも注意を払ってから行うことを勧める。なぜならば、経済が回復した後に、不可欠な人物が順風満帆する会社の歩むべき道を率先して進むからだ。このような人材を探すのが決して簡単ではない。


効率の悪い過程に注目


成長時に許容範囲内の効率の悪い過程があっても構わないが、コスト削減が大事な時期には許してはいけない。キャッシュフローの改善にあたって、支払いの遅い顧客を追いかけること、手動の過程の代わりに自動的な過程の導入など、多少の再設計が必要だ。


最後にローンを慎重に検討


嵐が去るのを待つ時に救済としてローンを組んでもいいかもしれないが、気をつけた方がいいと思う。キャッシュフローをコントロールすることで組織の債務を把握し、それを返済できるかどうかも考慮しなければならない。


低金利ローンに溢れている市場を考えると、コストパフォーマンスの良いローンを組めるタイミングではないかと思う人が多いが、先ずは会社が経済的に回復するために必要な期間を把握しよう。無計画な行動は致命的な展開を導くかもしれないから。


正常の再定義


新型コロナウイルスの終息後はどのような状況になるか見当がつかないが、事業の多くは既に回復し始まり、成長の道を歩むだろう。革新的なアイディア、ビジネスモデルと新しい産業も間違いなく生まれる。その中で、対応性が一番大事だ。


この対応性に何が必要かというと、はやく展開でき、堅実な情報に基づく意思決定などが重要なポイントであり、そのためには財務部の経営への洞察とキャッシュフローの評価も必要だ。バランスシートと予算の見直しも会社を優位に導き得るだろう。このような展開の結果、財務部は価値を生み出し、長期的な共同経営者として昇進するはずだ。



コメント (0)


記事特選