海外でビットコインATMから現金を引き出した


日付: 2020-06-20 閲覧数: 645



世界中の多くの国ではほとんどあり得ない話なんだけど仮想通貨ATMから現金を引き出すことが出来る。仮想通貨取引の規制が国によって異なり中国やインドなどだと仮想通貨の取引が禁止されている一方、中央ヨーロッパではビットコインがまだ使える国が一応ある。

仮想通貨取引の規制がまだ厳しくない稀な真珠、ハンガリー。

グーグルマップでビットコインATMを検索し、最寄りの機械を探しに行った。


以前、スマホアプリを使ってデジタルウォレットにおよそ1万5千フォリント相当のビットコインを振り込んだ。ビットコインの購入が簡単で、ブダペストのオクトゴン広場にあるビットコインATMを使い1分以内で仮想通貨を購入できた。

海外にあるビットコインATM

引き出しの際に利用限度額が最低1万フォリント(約3500円)になっており、小額の現金が必要な時に仮想通貨ATMを利用しない方がいい。


現金の引き出し


最初は取引通貨を選択する。今回はビットコインを持っていたから一番左側のアイコンを選んで、仮想通貨を現金に両替する画面に切り替え金額を設定した。

ビットコインATMを操作

現地の通貨をビットコインに両替してもらってQRコード付きの領収書を受け取った。

ビットコイン取引の領収書

次はどうすればいいのかと言うと、指定したウォレットアドレスに引き出したい現金に相当する仮想通貨を振り込むと言う作業だ。

デジタルウォレットで送金

電子ウォレットを管理しているアプリを使ってQRコードを読み取らせるだけ振り込みが済む。


取引承認を待つ


聞いたことがあるが仮想通貨取引を承認する為に時間がかかることを意識しなかった。取引完了後指定した電話番号に通知が送られるはずだが、送金手数料によって取引の速さが左右される。

ブロックチェーンで承認された取引

取引の状態をオンラインでも確認できるが携帯で通知を受け取ったら再度仮想通貨ATMへ足を運ぼう。

取引が承認されると業者からメッセージを受信

QRコードを読み取らせる


「領収書交換」というオプションを選んで領収書にあるQRコードを読み取らせることで仮想通貨ATMから現金を受け取ることが出来る。

よっしゃ、現金を懐に

旅行時に便利


ハンガリーの治安はそれほど悪くないが、南米などへの旅行の場合は、ビットコインATMを活用すればどうだろう?


例えば、出発の前に仮想通貨取引所でビットコインを購入し目的地に着いたら仮想通貨ATMから当国の通貨で現金を好きなように引き出すというようなやり方が楽ではないか?スマホ、電子ウォレットとインターネット接続しか必要としないそこそこ安全な方法だと思うので是非ご検討して頂きたい。



コメント (0)


記事特選