ハンガリーで会社設立を


日付: 2020-05-29 閲覧数: 752



ハンガリーでは国民だけでなく異国の起業者も会社を設立することができる。ハンガリーに進出する際に会社を設立する必要があり、今回は設立にまつわる手続きについて徹底解説したいと思う。


ハンガリーで会社設立をしたい場合、どうすればいいのか?


子会社として設立すると出資者一人の場合、「有限責任会社」と「駐在員事務所」と言う法人形態から選ぶことができます。 場合によって、親会社の企業登録証明書とその翻訳を提出する必要がある。


多くの場合、公的書類の原本と公証した書類を提出しなければならない。


おすすめの進出形態


ハンガリーに進出するにあたって、一番多く選ばれる形態が「有限会社」、「株式会社」と場合によって、「駐在員事務所」だが、どの形態を選んでも現地居住者が必要だ。


現地居住者の役割


EUの国民であっても、法人であってもEU加盟国以外の国民の場合でも、企業登録を当局に依頼する際、非居住者である発起人の代表者の氏名と住所を記録する必要がある。


登記しようとする法人の郵便物の受け取りは、前述した代表者の義務だ。出資者、役員と監督役員がこの義務を果たしてはいけない。したがって、登記する際、郵便物の受け取りを委託する公的書類をサインしてもらい、それを提出しなければならない。


代表者が行う郵便物の受け取りとは?


代表者の義務はどのようなことなのかと言うと、事業を行うにあたって、会社の経営関連の書類を受け取り、異国の登録者に転送する作業だ。裁判所などからの郵便物の場合は、受け取った時点より15日以内に異国の発起人へ転送されたことを証明しなければならない。


代表者が辞任すると、その旨を15日以内に当局に知らせる義務があり、そうしないと罰金が科される。


ハンガリー駐在員事務所開設


外国法人の営業主がハンガリーで駐在員事務所を開設すると国内で事業を行えるようになる。第三者と当国の諸機関との手続きを行う際の法的な組織として扱うことができる。事業を行う住所1つ以上登記可能だ。国家登記機関による登記完了後、駐在員事務所の登記が有効になり、この後営業許可が与えられる一方、発起人が駐在員事務所開設申請の提出後、必要な手続きを行っても良いが、手続き時に提出する書類に「駐在員事務開設申請中」と明記しなければならない。


登記が完了するまでに許可(開設、営業、駐在員事務所などの許可も含む)が必要な事業を行ってはいけない。


駐在員事務所の代理人として当国の居住者と雇用契約のある従業員が駐在員事務所を代表できる。


法律によるが、欧州経済領域に登記された法人がハンガリーに設立した駐在員事務所を介して当国の当該の許可を取得した場合、開設・登記許可が必要な事業を行うことができる。


国際契約による指定のない場合、法律の範囲によるが特定の事業が欧州経済領域に登記された法人のみに許可される場合もある。


駐在員事務所がハンガリーでどのように事業を行うか?


外国法人の駐在員事務所を設立すると、当国の法人と同様に扱われるが、ハンガリーの法律が異なるように適用される時もあり、駐在員事務所が外国法人の代理人として事業を行ってはいけない。


駐在員事務所を介して取得した資産、権利と債権を駐在員事務所の解散後にもしくはハンガリー以外の領土のみしか扱うことができない。


有罪判決を受けた者と犯罪歴のある者が、前科の不利な影響が持続する期間において駐在員事務所の代理人になることができない。


海外法人が駐在員事務所の経営に必要な費用を支払わなければならない。駐在員事務所の経営に関わる費用の負担が海外法人の責任になる。


海外から当国に資産の輸入に関して、当該の海関規制と法律に従って行わなければならない。


駐在員事務所の国内での事業によって発生する債務に関しては、海外法人の国内の全ての財産を差し押さえられることもある。


駐在員事務所の会計その開示と決算報告書に関する義務と免除は会計法とそれを適用した法律によって定められている。


原則として、海外法人の決算報告書をその合格の60日後まで事業管理機関に提出しなければならない。


国際契約の締結と特定の事業を行う為に必要な許可を取得する際、別段の定めがない限り国内法人と同様に行わなければならない。


出典:「egyenivallalkozok



コメント (0)


記事特選